内部統制評価・導入支援 | ストラテジック・シナリオ グループ

内部統制評価・導入支援

概要
近年、内部統制への社会的関心が高まる中、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」が設定され、経営者による内部統制の整備、運用、評価が求められております。

内部統制は、企業組織のどのレベルで実施されるプロセスであるのかという観点から会社レベル・コントロールと業務レベル・コントロールに分類されます。

会社レベル・コントロールとは、会社レベルや事業単位レベルにおける内部統制をいい、具体的には、経営者の姿勢や行動及び誠実性や倫理観、取締役会の企業統治活動、監査役会の監視活動、組織構造や権限、人事政策、予算管理、行動規範等が挙げられます。

他方、業務レベル・コントロールは、業務処理統制ともいわれ、従業員が行う入力チェックなどの各種確認手続きや取引の上長による承認行為など、日常の業務として行われる統制手続きをいいいます。
この業務レベル・コントロールは、会社の業務の流れ(ビジネスサイクル)に沿って把握・評価されます。

特色
当監査法人では、現状の内部統制システムを調査し、その問題点を抽出した上で、企業自身が期待し、かつ社会の要請に応えられる内部統制システムを再構築し、その後のモニタリングチェックを支援・実行します。サポートにあたっては、内部統制に豊かな知識と経験を持った公認会計士、システム監査人等を選別し、企業にとって有効な内部統制システム構築のためのプロフェッショナルチームを編成します。