日比谷監査法人 | ストラテジック・シナリオ グループ

法人概要

公益財団法人 財務会計基準機構
名称 日比谷監査法人
設立 2004年4月1日
所在地 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル4F
統括代表社員 中澤 隆  (公認会計士・税理士)
略歴
大手自動車メーカー国際業務部にて、主として新型車のコストコントロールを担当。退職後、大手監査法人、欧米系会計事務所、国内会計事務所にて、製造業、流通業の会計監査、国際税務(移転価格分析、タックスヘイブン対策)、企業評価、企業再編、国内税務業務に従事。

日比谷監査法人 コンセプト

21世紀をリードする企業が持続的成長を遂げるためには、既存の枠組みを超えた大胆な事業展開が必要な場面があります。
日比谷監査法人は、監査業務をベースとしながらもコーポレートファイナンスの分野におけるアドバイザリー業務を中心としたサービスを専門的に提供しております。

サービス services

企業のあらゆる活動が複雑化していく中、21世紀をリードする企業が持続的成長を遂げるためには、既存の枠組みを超えたドラスティックな事業展開が必要な場面があります。ストラテジック・シナリオグループの中核である日比谷監査法人では、こういった新しい時代のニーズに応えるため、監査業務をベースとしながらも、コーポレート・ファイナンスの分野におけるアドバイザリー業務を中心としたサービスを専門的に行っております。
 
金融商品取引法、会社法等により、当該企業などを取り巻く法律で監査を受けることを義務付けられている企業・団体に対する監査や、法律で監査を受けることを義務付けられていませんが、株主や経営者の判断で、企業などの財務諸表の適正性を専門家に判断させるための監査を実施いたします。
 
数多くの株式公開の経験と充実した専門スタッフによる株式公開アドバイザリーサービスを実施しています。
また、アーリーステージにあるベンチャー企業に対する事業計画策定・資金調達等その他のサービスを実施しています。
 
企業のさまざまなトランザクションサポート業務を提供します。
会社の買収・合併や事業の売却・分割などの組織再編に関して、スキームの立案からいわゆるデューデリジェンス、契約交渉のバックアップ、取引成立後の検証などあらゆるシーンでFA(フィナンシャルアドバイザー)として支援いたします。
 
再生・再編企業に対する財務デューディリジェンス、スキーム策定、再生・再編計画全般に係わる会計的アドバイスを実施いたします。
 
企業や経営者が負う内部統制への責任が、ますます明確にかつ重要になりつつあり、経営者個人には、内部統制を構築・整備・評価・改善することが求められてきています。
会社法の改正や開示・財務報告に対する金融商品取引法、証券取引所の規則改正の動きは、いずれも内部統制に関する経営者の責任が明確化される方向で動いてきました。
当法人は企業の幅広いニーズ・レベルに応じた内部統制の構築を支援、助言・指導しています。